Wellcome to JA5IT

移動局アンテナ

移動局アンテナ (キャンピングカーのアンテナ)

U/VHF用アンテナ

  • 下の写真は、144MHz,435MHz 両バンドアンテナです。
    基台にマグネットが取り付けられていて、車体に吸い付いて?います。

画像の説明

  • 下の写真は、左サイドから撮影しました。ソーラーパネルの後ろ側に、2本のアンテナが見えています。手前が144MHzの手製ホイップ、向こう側は7Mzのヘリカルホイップです。ただつけているだけで、使えそうにありません。M型接栓なので、雨が中に入らないようにとキャップに?しています。移動した先で八木アンテナ使うことを想定して取り付けました。

画像の説明

  • 後ろ側から撮影しました。ソーラーパネルが取り付けられているレールにM型接栓が取り付けらている鉄板が見えています。
    さび止めに塗料を塗りたくっています。古い中古の車だし、見えないところなので、きれいに塗ることは考えてもいません。

画像の説明

HFアンテナ

  • 走行時でなく、移動先で駐車しての運用するためのアンテナを考案しました。どこでも簡単に設置できることをモットーに設計しました。
    回りに立木などがある時には、ロングワイヤーや435MHzであれば、八木アンテナも考えていますが、しばらくは車体に固定の垂直アンテナで行こうと思います。

HFアンテナ支持ポール

画像の説明
  • 支持ポールに大昔(40年近い)に使っていた玉網をベースにする事にしました。
    長さは4mぐらいあります。
    これに3.6mの振り出し竿を継ぎ足すことにします。
    玉網のポールの最先端の内径は15mmありましたので、
    16mm前後の振り出し竿を継ぎ足すことで、
    全長7.5mのポールが出来る予定で探したところ、
    ぴったしのが手に入りました。
  • 軽キャンピングカーにアンテナを張るための釣竿アンテナを作りました。
    写真は支柱(ポール)を伸ばしきった状態です。
    取付基部より7.5m、地上高は8m近くあり、
    天を突くようにそびえています!。
    使用の際はこれにビニール線を巻き付けて
    HFアンテナにする計画です。


画像の説明
  • 全部を短縮収納すると、こんな感じになります。
    上の円柱状の物体?は、一番先端のグラスが内部に
    入ってしまわないようにするストッパーです。
    もし入ってしまったら、車をさかさまにして?
    取り出す羽目になりそうですから!。
    実用新案!品です。
画像の説明



  • 車に取付けている全体の写真です。

画像の説明
  • 上部の支持金具のクローズアップです。
    金具は、ホームセンターで買い求めました。
    パイプなどを固定するための各種経の金具があり、
    グラスロッドの外形に合うものを探しましたが、
    ピッタリの物がないので、ゴムのシートを巻いて差し込んでいます。


画像の説明
  • 下部の支持金具付近のクローズアップです。
    貫通型でなくて、底がある金具です。
    支持金具は、4mmのビス4本で
    軽自動車のハッチドアに固定しています。
    ロッドを全て伸ばしきっても、ぐらつくこともなくしっかりしています。


受信テスト


  • ホームに駐車している状態で、臨時にビニール線を巻き付け、無線機に接続して7MHzを受信くしてみました。やはりロングワイヤーと違って受信感度は良くないようです。カウンターポズ、アースの状態が大きく左右されるようです。
    近く、吉野川川原に出かけて、ワイヤーを張り、様子をみようと思っています。

430MHz 6エレ八木アンテナを作りました

 -詳しくはこちら
 

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional